パチンコブラック情報

パチンコの釘調整って違法なの? 通報していいの?

こんにちは! パチンコ店員のヒカリ(@hikari_pachinko)です!

私は都内の大学生で、パチンコ店でアルバイトをしながらキャンパスライフを送ってます!

パチンコ店のバイトって、やる前はきつそうだな~って思ってたんですけど、やってみたら意外と楽しくて、先輩はやさしくて、なにより高収入 笑

そんな魅力をちょっとでも伝えたいな~と思い、日々発信しています!

パチンコのバイトを始めるなら、パチンコバイト専門の登録サイト、「アルファスタッフ」をおすすめしています!

おすすめ記事も作ったのでよかったら見ていってくださいね!

【高収入・寮】パチンコバイトならアルファスタッフがおすすめの理由こんにちは! パチンコ店員のヒカリ(@hikari_pachinko)です! このブログを見てくれたってことは、ちょっとでもパチン...

一分で登録完了!
アルファスタッフに無料登録

 

 

パチンコ台には多くの釘が使われています。

 

玉が落ちていくときに、この釘とぶつかって、どのように動くのかを楽しむのも、パチンコの醍醐味ですよね!

 

そして、その楽しみを調整するために、釘調整が行われることは当たり前だと思っていませんか?

 

でも一方で、釘調整は違法であるという話もきいたことはありますよね!

 

この記事では、釘調整は違法なのかどうかについて解説していきたいと思います。

 

そもそも釘調整とは?

釘調整とは何かというと、パチンコの釘の開き具合などを調整する行為です。

 

特に調整されるのは、スタートチェッカー近くの釘、ヘソ釘(命釘)と呼ばれるところです。

引用元:パチンコ店長のホール攻略様

 

この部分を調整することにより、スタートに玉が入りやすくなるか入りにくくなるかが決まります。

 

また、この調整は、板ゲージとよばれるもので行っています。

引用元;Amazon様

 

これは、1枚開けると0.25ミリとなっており、基本的に0.25ミリ単位で釘調整を行っています。

 

ヒカリ
ヒカリ
たった0.25ミリで調整が行われるってすごいですよね!

 

釘調整は違法なのか?

結論から言うと、釘調整を行うことは違法となります。

 

パチンコ台は、警察により検定を受け合格した台のみが営業を行うことができるとされています。

 

そして、風営法により、無許可でパチンコ台を改造するということは禁止されています。

 

そのため釘調整は、パチンコ台の改造に当たり、違法となるのです。

ヒカリ
ヒカリ
パチンコの釘調整が違法なんて、おどろきですよね!

 

なぜ釘調整が行われているのか

でも、みなさんの周りで釘調整を行っているホールはありませんか?

 

また、パチンコ店員の方は、釘調整をやったことがある、または店長が釘調整をしているところをみたという人もいるのではないでしょうか。

 

実は、この釘調整は修理という名目で行われています。

 

パチンコ玉と釘は物理的にぶつかっているため、当然釘が曲がることがあります。

 

そして、曲がった釘をもとに戻すという行為については、改造ではなく修理にあたる……という建前で釘調整が行われています。

 

この釘調整について、一応基準として、盤面におおむね垂直になるようにすべきと定められていますが、このおおむね垂直という部分は、人によって様々な解釈があるため、ある程度自由に調整できる……というわけです。

 

ヒカリ
ヒカリ
どんな世界にも本音と建前があるんですね!

 

釘調整シート

ただ、いくら釘調整ができるといっても限度があります。

 

その昔、悪質な釘調整がよく行われていたため、その対策として、メーカーは釘確認シートを作成します。

 

これは、透明シートに釘の位置を示した型紙のようなものです。

引用元:パチンコ店長のホール攻略

これを利用することにより、出荷状態からどのくらい釘の位置がずれているのかがすぐに分かるようになりました。

 

これが配布されたことにより、以前のような悪質な釘調整は減ったと言われています

釘調整の悪質な例

ここでは、悪質な釘調整の例をみてみましょう。

まずはこちら

引用元:kujira様

 

チェッカー入口の右部分の釘が露骨に締められていますね。

 

続いてはこちらです。

引用元:立会人69號様

 

この釘調整では逆に釘を開いていますね!

 

お客さんによく出るお店と思ってもらうため、このように開くような釘調整も行われています。

 

最後はこちら

引用元:ミスター東出雲様

 

これは……ひどいとしか言いようがありませんね。

 

当たり前ですが、パチンコ台はパチンコ玉がすべての穴に入るように設計され、検定を受けています。

 

玉が入らないくらいということは、そうとうきつく釘を締めていると言えるでしょう。

 

ヒカリ
ヒカリ
二枚目のような台を見つけてみたいですね!

 

営業停止になった事件

残念ながら、釘締めをやりすぎたせいで、営業停止になった事件もあります、

兵庫県内のパチンコ店、キコーナ姫路店では、パチンコ台の釘締めをしているという指摘があり、6ヶ月の営業停止処分を受けることになりました。

 

また、この釘締めは、実は釘の開きすぎであったという噂もあります。

ヒカリ
ヒカリ
いずれにしても、パチンコの釘締めは、あくまで違法であることを忘れずに、健全に調整してくださいね!

 

釘締めの通報について

これについては、なんとも言えません。

 

警察に通報して、対応してもらったというケースもあれば、門前払いされたというケースもあるそうです。

 

また、同業者同士が足を引っ張るために、他のお店のパチンコ店は釘締めを行っていると、匿名で報することもあるそうです。

 

 

負けたからといって、腹いせに行われてもいない釘調整を通報するのは絶対にやめてください。

業務妨害となり、最悪逮捕されます。

 

パチンコバイトを私と一緒にやってみましょう!

釘締めについてわかりましたか?

パチンコ店員になったとき、釘締めは違法ということを頭に入れておけば、よけいなトラブルを防げますよ!

パチンコ店員として、営業停止にならないように気をつけていきたいと思います!

アルファスタッフでは、登録キャンペーンを行っていて、今なら、入社祝金と勤続ボーナスとして、30万円をプレゼントしています!

せっかくのこのチャンス! アルファスタッフは登録料など一切かからない完全無料なので、とりあえず登録だけしてみてはいかがでしょうか!?

私の仲間になってくれる人を募集してます!

一分で登録完了!
アルファスタッフに無料登録